一般社団法人全国コンクリート圧送事業団体連合会
HOME
団体概要/会員名簿
技術・技能向上/安全教育
有資格者の育成
経営改善/取引適正化
福祉向上/雇用改善
環境保全/地域貢献
全圧連の刊行物
各種資料
ディスクロージャー
リンク
アクセス/お問い合わせ
 
コンクリート圧送工事には
安全作業と圧送技術に
優れた全圧連会員企業を
ご指名ください。
Produced by
Japan Concrete
Pumping Association
Since 2001/1



コンクリートポンプ車特別教育

 労働安全衛生法では、厚生労働省が定める危険かつ有害な業務に労働者を就かせるときは、その業務に関する安全または衛生のための特別の教育を行なわなければならないことが定められています(労働安全衛生法第59条3項)。
 この厚生労働省が定める危険かつ有害な業務のうち、建設機械においては、現在約22種類におよぶ機種が定められており、コンクリートポンプ車もその1つに該当します。

 コンクリートポンプ車(車両系建設機械~コンクリート打設用)は、1990(平成2)年に公布された「労働安全衛生法施工令の一部を改正する政令」(平成2年8月・政令第253号)、および「労働安全衛生規則の一部を改正する省令」(平成2年9月・労働省令第19号)、「安全衛生教育規定の一部を改正する告示」(平成2年9月・労働省告示第54号)により、特別教育を必要とする業務として定められ、同年10月1日より施行されました。

 現在、コンクリート圧送作業に従事する者は、労働安全衛生関係法令に基づく、「車両系建設機械(コンクリート打設用)の作業装置の操作の業務に係る特別教育」を修了することが義務づけられています。
 違反した場合は、労働安全衛生法第119条に定める罰則が適用されます(6ヶ月以上の懲役または50万円以下の罰金)。

 全圧連では1991(平成3)年より、加盟単協との共催により毎年全国各地でこの特別教育を実施しており、これまでに約16,000名の特別教育修了者を送り出しています。

 修了者には「特別教育修了証」を発行しております。


コンクリートポンプ車特別教育修了証


コンクリートポンプ車特別教育修了者数の推移(資料:全圧連)


◆コンクリートポンプ車特別教育に係る関係法令◆

●労働安全衛生法(抄)
 第59条(安全衛生教育) 第3項
 事業者は、危険かつ有害な業務で、労働省令で定めるものに労働者をつかせるときは、労働省令で定めるところにより、当該業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行わなければならない。

●労働安全衛生規則(抄)
 第36条(特別教育を必要とする業務)
 法第59条第3項の労働省令で定める危険又は有害な業務は、次のとおりとする。
 1~10 略
 10の2 令別表第7第5号に掲げる機械の作業装置の操作の業務
 10の3~33 略

 ※別表第7 建設機械
 1~4 略
 5 コンクリート打設用機械
  (1) コンクリートポンプ車
  (2) (1)に掲げる機械に類するものとして労働省令で定める機械
 6 略

●安全衛生特別教育規定(抄)
 第12条の2(車両系建設機械(コンクリート打設用)の作業装置の操作の業務に係る特別教育)
 安衛則第36条第10号の2に掲げる業務に係る特別教育は、学科教育と実技教育により行うものとする。

科 目 範 囲 講習時間
車両系建設機械(コンクリート打設用)の作業装置に関する知識 車両系建設機械(コンクリート打設用)(安衛則第36条第10号の2の機械をいう。以下同じ)の作業装置の種類および用途、作業装置の構造および取扱いの方法 4時間
車両系建設機械(コンクリート打設用)の作業装置の操作のために必要な一般的事項に関する知識 車両系建設機械(コンクリート打設用)の作業装置の操作のために必要な力学、コンクリートの種類および性質、コンクリート打設の方法 2時間
関係法令 法、令および安衛則中の関係条項 1時間

 2 前項の学科教育は、次の表の上欄に掲げる科目に応じ、それぞれ、同表の中欄に掲げる範囲について同表の下欄に掲げる時間以上行うものとする。

科 目 範 囲 講習時間
車両系建設機械(コンクリート打設用)の作業装置の操作 基本操作、応用操作 4時間
車両系建設機械(コンクリート打設用)の運転のための合図 手、小旗等を用いて行う合図 1時間


コンクリートポンプ車特別教育再教育

 コンクリート圧送作業に従事する者は、労働安全衛生法関係法令に定める特別教育を修了することが義務づけられております(上記参照)。

 法律上、この特別教育は、一度修了すれば永久にその効力が認められるものですが、時間の経過とともに教育内容を忘れてしまったり、慣れなどから作業手順を省略し、思わぬ災害を招くことを防止する観点から、労働基準局通達「安全衛生教育の推進について」(平成3年1月21日付・基発第39号、改正平成9年2月3日付・基発第66号)により、「特別教育を必要とする業務に従事する者」への安全衛生教育の実施時期として、「当該業務に初めて従事する時」(=初回特別教育) に加えて、
 「(1) 定期(おおむね5年ごとに)」 ならびに
 「(2) 随時(取り扱う設備などが新たなものに変わった時)」
という、再教育の必要性が明示されています。
 また、再教育の内容については、「当該業務に関する労働災害の傾向、技術革新の進展等に対応した事項」 とすることが明示されています。

 全圧連では、2002(平成14)年度より、コンクリートポンプ車の作業装置の操作の業務に係る特別教育をすでに修了した会員修了者に対して、「安全作業を再認識し徹底を図るとともに、施工方法、フレッシュコンクリートの材料・配合、ポンプ車の改良・開発等々、日々変化をしている現状に鑑み、これに対応し得る圧送技術者育成を目的とし」、「3年に1度」の特別教育再教育を実施しています。

 修了者には、「再教育修了者」であることを証明する修了証を発行しています。


特別教育修了証
(会員で、かつ特別教育再教育修了者用)



コンクリートポンプ車特別教育再教育修了者数の推移(資料:全圧連)


◆全圧連の特別教育再教育の実施要領、実施内容について◆

●再教育の期間
 3年に1度、再教育を実施する。
●受講資格
 安衛法に定める「特別教育」修了者で、全圧連会員の従業員であること。かつ、初回特別教育修了日から1年以上の実務期間があること。
●再教育実施日および講習時間
 全圧連全国統一安全・技術講習会実施時に併設して、3時間以上の学科教育を行う。

科 目 範 囲 講習時間
最近の建設工事の状況とコンクリートポンプ車の技術動向 当該年度の講習内容を技術委員会において作成し、講習教材とする。 計3時間
以上
コンクリートポンプ車による圧送作業と安全
災害事例と事故防止

 実技再教育については、各事業所等にて5時間を以上実施し、事業主がこれを証明する。

科 目 範 囲 講習時間
車両系建設機械(コンクリート打設用)の作業装置の操作 基本操作、応用操作 4時間
車両系建設機械(コンクリート打設用)の運転のための合図 手、小旗等を用いて行う合図 1時間

●講師資格
 全圧連技術委員がこれにあたる。ただし、専門分野における外部講師招聘は妨げない。
●修了証明
 再教育修了の都度、新修了証を交付し、次回再教育年月日を明示する。


◆近年の全圧連 コンクリートポンプ車特別教育再教育カリキュラムのご紹介◆ Click



Copyright(C)Japan Concrete Pumping Assotiation All Rights Reserved.