一般社団法人全国コンクリート圧送事業団体連合会
HOME
団体概要/会員名簿
技術・技能向上/安全教育
有資格者の育成
経営改善/取引適正化
福祉向上/雇用改善
環境保全/地域貢献
全圧連の刊行物
各種資料
ディスクロージャー
リンク
アクセス/お問い合わせ
 
コンクリート圧送工事には
安全作業と圧送技術に
優れた全圧連会員企業を
ご指名ください。
Produced by
Japan Concrete
Pumping Association
Since 2001/1



全圧連福祉共済制度(労災上乗せ制度)

 「労災上乗せ制度」とは、従業員(主に現場作業員)の方が労働災害により死亡したり、重度の障害を負った場合や休業した場合に、事業主が被災した従業員またはその家族に対して、国の労災保険給付に上乗せして補償を行うための重要な制度です。

 従業員の方が労働災害により被災した場合、国の労災保険から保険給付が行われます。
 しかし、あくまで国の労災は最低限の補償でしかありません。
 しかも労災の補償が確定する間の期間は、労働基準法上、事業主がその間の従業員の補償をしなくてはなりません。

 さらに万一、大きな死亡事故や重度の障害を残す労働災害が発生した場合は、国の労災からの補償はほとんど年金形式となるため、一時金としての十分な補償がないのが現実です。
 
 事業主は、自身の過失の有無に関わらず、国の労災による補償の他に、さらなる追加的な補償を従業員に対して十分に用意しておくことが必要です。





 労災上乗せ制度は、なじみやすい自動車保険にたとえられるケースが多いようです。
 強制保険(自賠責)に相当するのが国の労災保険、自動車任意保険に当たるのが労災上乗せ制度です。
 自動車を運転される方で、任意保険に入らない方はほとんどいないでしょう。

 労働災害発生の多い建設業において、労災上乗せ制度への加入がいかに必要かお分かりいただけると思います。

 全圧連では、会員の皆様がご利用いただける労災上乗せ制度として「全圧連福祉共済制度」を実施しております。




 ◆主な特徴◆

 ●全圧連の会員であれば、従業員のみならず事業主・会社役員、ならびに単協事務局の役職員も
  加入することができます。
 ●業務上、業務時間外を問わず24時間保障されます。
 ●加入申込み時には被保険者(従業員)の同意をいただき、保険金の受け取りは、
  被保険者(従業員)の遺族の了知(給付金の場合は本人の了知)を得た上で、事業主となります。
 ●掛金は全額損金または必要経費に算入できます。
 ●期間は1年で、従業員の入退社等に伴う加入・脱退の手続きは毎月可能です。
   期間終了後の剰余金が生じた場合は配当金として加入事業主に還付されます。
 ●さらに、加入者への全圧連独自の制度として、通院・入院の際に、加入口数に応じた見舞金制度があります。




 詳しくはパンフレット「全圧連福祉共済制度~ご加入のおすすめ」をご覧下さい。
 従業員への労災上乗せ制度として、また事業主・会社役員への保障制度として、ぜひご加入をお願いします。


  全圧連福祉共済制度のご案内(チラシ) Click!


  全圧連福祉共済制度~ご加入のおすすめ(パンフレット) Click!


Copyright(C)Japan Concrete Pumping Assotiation All Rights Reserved.